2018年12月12日水曜日

イセタンオンラインストアー


今日気が付くと、イセタンオンラインストアーでクロコスニーカー DAMI <ダーミ>の販売が始まっていました。

https://isetan.mistore.jp/onlinestore/spcl/1037260/list?ecBrandCode=044516&rid=1d02473643e94d2197e2bfeb5041ce8b

写真撮影用の商品は準備しましたし、商品説明文の校正もしましたので、オンラインに載ることは認識していましたが、こんなに早くにアップされるとは思いませんでした。



現時点では、定番のクロコスニーカー no. 2979が2色とクロコとカーフのコンビ no. 3604が1色の2型3色です。

https://isetan.mistore.jp/onlinestore/product/0110900000000000000000956711.html?sp=1037260&rid=18e8f4a0069a4dbaadea8df7f7d6f2cb


近日中にドレススニーカーで外ハネタイプの no. 3604ブライトンブルーと内ハネの no. 3661ブラウンの2型が加えられると思います。



ハイエンドシューメーカーズというページからのご紹介で、他にはジョンロブやエドワードグリーンと言った超一流ブランドと並べていただいており、大変誇らしく思います。

皆様、イセタンオンラインストアーのハイエンドシューメーカーズをよろしくお願いいたします。

2018年12月11日火曜日

お客様、それはウチの・・・


先日の百貨店のイベントでのことです。

一人のお客様が、弊社の展示スタンドにお立ち寄りになられました。

棚に並んだダーミのクロコスニーカーを1足お手に取られて、

「これ、持っているんだよ。」

と、おっしゃられました。

そこからお話が始まり、結局その日は手に取られた隣のクロコスニーカーをお買い上げいただき、お帰りになりました。


実はそのお客様とのお話の最中、足元に目を向けると、別のクロコスニーカーを履かれていらっしゃったのです。

そのことをご指摘すると、お客様はこう言われました。

「これ、ジョン・ロブなんだよ。とても履き心地が良いんだ。」と。


お客様には申し訳ないと思いながら、その時は話の流れから言い出すことが出来ませんでした。

大変失礼とは存じますが、この場でお伝えさせてください。


実は、お履きになっていらっしゃったスニーカーもジョン・ロブさんのものではなく、ダーミのクロコスニーカーでした。




結局その日にご購入いただいたスニーカーを合わせると、お客様は最低でもダーミを3足はお持ちになっていらっしゃることになります。

毎度お買い上げいただき、ありがとうございました。

2018年12月10日月曜日

んまい!

アメリカの大学で寮生活の経験がある私は、そこでの学食のこれ以上はないという程のマズさを知っています。
 
ミールカードというものが寮住まいの学生には配布され、それを使ってレストランに入れば、あとはバイキング形式で何でも取り放題なのですが・・・。
 
ですから、その頃はいつも無難なハンバーガーやホットドッグばかり食べていました。
 
だからでしょうか、多くの選択があるこの頃はめったに自ら進んでホットドッグを食べることはありません。
 

そんな私が、これならと言うオリジナルのホットドッグをご紹介したいと思います。
 
そのホットドッグには、トーストを使います。
 

まず、厚めのトーストの両面をキツネ色に焼き、バターをのせます。



バターを広げ、スライスチーズをのせたら、トーストを少しだけオーブンに戻します。



とろけたチーズの上にケチャップとマスタード、マヨネーズを延ばします。



フライパンでよく焼いたソーセージをのせ、トーストを二つ折りではさんで出来上がり。



「んまい!」

少し手間ですが、余裕のある朝はフルーツとコーヒーをそえて。

トーストの上で香ばしくなったあまいバターにとろけたチーズとケチャップがよく絡んで、二度言いますが、

とっても「んーーまい!」

2018年12月4日火曜日

パターンオーダー会、カラーオーダー会 岩田屋本店 本館5階 紳士靴


12月5日(水)から11日(火)までの1週間、福岡天神の岩田屋本店 本館5階 紳士靴売り場にて、クロコスニーカー DAMI(ダーミ)のパターンオーダー会、カラーオーダー会が行われます。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。



こちらの画像は、今年5月に行われたオーダー会の時のものです。

2018年11月27日火曜日

世界一の靴の聖地が圧巻の進化


11月24日発売のメンズ誌 THE RAKE JAPAN EDITIONの中で、クロコスニーカー DAMI(ダーミ)no. 2979レッドが紹介されています。(107ページ)

その2ページにわたった記事は、伊勢丹新宿店メンズ館地下1階紳士靴売り場が9月にリニューアルしたことを取り上げていました。

メンズ館の紳士靴は最高クラスの本格靴の品揃えが世界一で、その中のハイエンドコーナーが更にパワーアップしたと伝えています。

そのハイエンドコーナーでは、今回オーダーサロンを持つようになり、9つのブランドのパターンオーダーを常時可能にしたことが記されています。


その9ブランドというのは、ジョンロブ、エドワードグリーン、アンソニークレバリー、ジョージクレバリー、JMウェストン、コルテ、ステファノベーメル、エンゾボナフェ、そしてダーミです。

名だたる紳士靴の高級ブランドの中に私どものスニーカーを入れていただき大変光栄なのですが、この記事でのクロコスニーカーの写真の撮られ方が私は気になりました。



靴は一般的に、足入れが良いと形が悪かったり、形が良いと履き心地を犠牲にしたりします。

クロコスニーカー no. 2979は足入れが良く、革が柔らかく履き心地も良いのにもかかわらず、形が綺麗と言われる弊社自慢の705番木型を使用しています。

今回のこのno. 2979の写真は、これまでの雑誌広告や記事に掲載された中ではあまりカッコ良くないように感じました。

形状を引き立てる角度で撮影されていなく、またせっかくの革ヒモを靴の内側に入れ込んでしまって、その良さが表現されていないと思うからです。

内ハネの革靴や平ヒモをパラレルに通した靴は、ヒモの端を靴の中に入れ込んでしまった方が見栄えは良いでしょう。

しかし、革の丸ヒモを格子状に通したスニーカーでは、結び目を片方に寄せた玉結びなどでお洒落に結んでいただいた方がその良さが際立ちます。

私には、これが木から吊るされたミノムシの様な形状に見えてしまうのです。


せっかくこの記事をご覧になられたお客様が、このスニーカーが欲しーという写真になっていないのがとても残念です。



2018年11月22日木曜日

パターンオーダー会、カラーオーダー会 伊勢丹新宿店 メンズ館 その3


こちらは現在開催中、伊勢丹新宿店でのクロコスニーカー ダーミのオーダー会ディスプレイの様子です。

背面に大きくネイビーのワニ革を置き、手前に左から、no. 3661ブラウン(ドレス内ハネ)、no. 2979レッド(スニーカー)、no. 3604ブライトンブルー(ドレス外ハネ)と並べています。


 
お分かりになりますでしょうか。
 
靴売り場内ハイエンドコーナーを外から見た時に、壁面上部に異なる色の no. 2979を5足配置しています。
 


 こちらがメインの商品展示です。



 定番のクロコスニーカーに加え、
 


no. 2979のカラーオーダーと追加オプションのタトゥー(もどき)の描画を受け賜わる準備をしています。
 
 


更にハイエンドコーナーの奥に、今回はダーミブランドのブリーフケースと



ライダーズジャケットのご用意もあります。

サイズはXLです。



ご存じの方もいらっしゃると思いますが、元々ダーミはカジュアルのフェニックスブランドを統合する前はクラシック系を中心としたブランドでした。

今回はブリーフケースとライダーズジャケットに加え、ベルトも当時の価格設定のままでの販売となっていますので、現状の市場価格に比べ少し割安感があるのではないかと思います。
 
 

 
伊勢丹新宿店メンズ館地下1階紳士靴売り場にぜひお立ち寄りください。

2018年11月21日水曜日

パターンオーダー会、カラーオーダー会 伊勢丹新宿店 メンズ館 その2


11月21日(水)から始まった伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階 紳士靴売り場での、クロコスニーカー DAMIのパターンオーダー会、カラーオーダー会が、イセタンメンズネットで紹介されています。

https://www.imn.jp/post/108057199972