2018年1月17日水曜日

2018年1月イタリア出張 その9-a

ここからは出張後記となります。
 

1月7日のブログ記事「2018年1月イタリア出張 その1」で、今回の出張にワニ革とヤギ革のコンビのドレススニーカー no. 3655を履いていくとお伝えしました。

手前みそな話になり恐縮ですが、この靴についてぜひお伝えしたいと思います。

試し履きなどではなく、飛行機内から現地到着までこの靴を長時間ずっと履いていたことで、思っていたよりも断然履き心地が良いことに気付いたのです。

その理由は2つ。

まず、既に足入れの良さが実証されている弊社定番のクロコスニーカー no. 2979と同じ木型とアウトソールを使用していること。




そして、ここからがポイントなのですが、甲部中央(先端とハネ部の間/白丸の部分)がイントレチャート(メッシュ)になっているので、とても柔らかいこと。

ここが柔らかいと何が良いかというと、まず靴の命である「返り」がとても良くなるのです。

返りとは、踏付け部分の屈曲のことで、靴のしなやかさを表すものです。

結果として、返りの良い靴は歩きやすい靴となります。

no. 3655はアッパーの革が柔らかいことで、アウトソールの返りを助けているのです。


さらにこの部分が柔らかいと、当然のことですが、内側の足あたりが優しくなります。



足のボールと呼ばれる部分(足の指の付け根の部分/上段画像矢印の先)は返りで屈曲した際に体重がかかるので、足の構造上とても重要なところです。

そして、私のように少し外反母趾気味の足の場合、ここのあたりが優しいと更に履き心地が良くなります。

逆にこの部分で足あたりが固いと、ボール部が痛くなる場合もあるでしょう。


さて、no. 3655はこの1月の初めから取引先各店でセール販売対象品にしてしまいました。

早計だったかなと、チョットだけ後悔しています。

2018年1月14日日曜日

2018年1月イタリア出張 その8

 
帰国の朝、現地のスタッフに送ってもらい、フィレンツェの空港に到着しました。
 
ここから十数時間の旅となります。
 
唯一の楽しみは、機内で用意されている映画です。
さて、何本見ることができるでしょうか。

2018年1月13日土曜日

2018年1月イタリア出張 その7

昨日で4日間のPITTI UOMOは終了しました。
 
今日は午前中からダーミ本社へ行き、現地スタッフとの最後の打合せでした。
 
PITTI会場でバイヤーさんからいただいた貴重なご意見をまとめ、2018年秋冬商品の仕様を確定し、早急のサンプル作製着手を依頼しました。
 
土曜日だというのに関係者は出勤してくれて、ここのイタリア人はみんなよく働きます。
 
我々以外のメンバーは、午後からはPITTIに来場した日本以外の国からのお客様との打合せとその後食事とのことで、我々は早めに失礼することにしました。
 

ホテルに戻り、一休みして、モンテカティーニを散歩しました。



ミラノやフィレンツェの華やかさはありませんが、ゆっくりイタリアを楽しむにはここは良いところです。



イタリアの滞在も今日まで。
明日、フィレンツェから帰国となります。

アッという間の一週間でした。

2018年1月12日金曜日

2018年1月イタリア出張 その6-c


今日はダーミ社の代表者であるマルコ・ダーミの誕生日でした。

マルコの家族やオフィスのスタッフと共に、モンテカルロ地区のレストランで誕生日パーティが開かれました。




食前酒で乾杯し、シーフードの前菜が2皿続いた後、メインディッシュにはツナのステーキかシュリンプの盛り合わせ。



9人で飲みながら食べるので、ワインボトルはすぐに空になります。

そして、別の人が次々と違ったワインを頼んでいくので、その度に目の前のグラスの数が増えていきます。

どこの地方で覚えたのかなどそれぞれのワインに対する思いの深いストーリーがあり、それを語り合っていました。

しかし、間違いないひとつとして、どのワインも最高においしいのです。



Happy birthday, Marco.

2018年1月イタリア出張 その6-b


PITTI UOMOの最終日、ファッションディレクターの干場義雅さんにダーミの展示場にお立ち寄りいただきました。

2018年1月イタリア出張 その6-a


PITTI IMAGINE UOMOは最終日を迎えました。
本日は私どもダーミの出展の様子をご案内します。







今回、お取引先のバイヤーさんたちのご意見をいただき、この中から2018年秋冬向けの新作候補を2型選択しました。

これから最終仕様を反映したサンプル作りに入ります。
それぞれに2から3色の商品をご用意する予定です。


お楽しみに。



2018年1月11日木曜日

2018年1月イタリア出張 その5


世界最大のメンズファッション見本市は3日目を迎えました。
こちらは会場奥のメインパビリオン前です。




私どもの出展場所はメインパビリオン地下一階の北側出口前に細長いテーブル什器を置き、その上に来季の新作候補を並べています。



出口の外が喫煙所になっており、人の行き来が多く、中には扉を開けっ放しにして行く人がいるので、寒い外気に乗ってタバコの煙が入ってきます。

そんな時は相手が誰であろうと思いっきりにらみつけて、扉を閉めに行っています。