2020年7月6日月曜日

伊勢丹新宿店 メンズ館 「ダーミ」クロコスニーカー オーダー会 その4


現在、伊勢丹 新宿店にて行なわれているクロコスニーカー DAMI(ダーミ)のオーダー会が一週間延長となり、7月14日(火)まで行なわれることになりました。

定番商品の販売から、パターンオーダーカラーオーダー、新作クロコスニーカー DAMI no. 3357ブラックの先行受注という、ご用意したメニューに変わりはありません。

引続き、皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

ビジネスにスニーカー


これまでも何度かここのブログ記事で書かせていただきましたが、最近はビジネスにもスニーカーを履く方が結構増えています。

仕事だからと言って、いつまでも色が濃いめのスーツにタイをして革靴を履かなければいけないという時代でもないようです。

もちろんきちっとした場には、それなりのドレスコードが発生します。

今後はそれを3つに分類し、うまく使い分けていくのがオシャレな大人ではないでしょうか。


まず、格式の高いパーティーなどではマナー違反にならない様にモーニングやタキシード。

次に、取引先を訪問する際などビジネスのここぞと言った場には、スーツにタイと革靴。

そして、ビジネス用に砕け過ぎないカジュアル。

そのビジネス用のカジュアルには、スニーカーでよいと思うのです。


しかし、スニーカーと言ってもビジネスの場ですから、陸上選手が履くのと同じようなスニーカーという訳にはいかないと思います。

更に言えば、ある程度のお立場があるビジネスマンには百貨店で売られている様な革製のスニーカーをお勧めします。


私どもでご接客させていただくお客様の中にも、クロコスニーカーをビジネスで履くことをご検討されている方は多くいらっしゃいます。

そこで、時々障壁になるのがソールなのです。

年齢が高めの、若い頃にあまりスニーカーを履いていなかったオジサン達にとっては、白いソールに抵抗があるようなのです。

「ソールが黒だったら買ったのに」と、私も時々お客様に言われたことがあります。

ミラノ辺りでは、いい歳をしたオジサン達がバールに集まって会話を楽しむ足元に、ホワイトソールのスニーカーを多く見かけます。



それぞれの方がこだわりをお持ちだとは思いますが、日本のオジサンもビジネスにホワイトソールを取り込んだファッションを楽しめると、よりオシャレだと思うのです。

私としては、上段のイラストの様に黒や濃い色の上下に対し、ホワイトソールを合わせたファッションがビジネスマンの間でもよく見る光景になることを願ってやみません。



2020年6月29日月曜日

伊勢丹新宿店 メンズ館 「ダーミ」クロコスニーカー オーダー会 その3


7月7日(火)まで伊勢丹 新宿店にて、クロコスニーカー DAMI(ダーミ)のオーダー会を行っています。

場所は、メンズ館 地下1階紳士靴ハイエンドコーナー内オーダーサロンの右手奥になります。



今回は、新作クロコとヤギ革メッシュとのコンビスニーカー DAMI no. 3357ブラックの先行予約会を兼ねています。



定番のクロコスニーカーとパターンオーダーに加え、染色前のクロコクラストで作製したスニーカーに手染めで色付けするカラーオーダーもご用意しています。



今回はクロコスニーカーと一緒に、ブルーのグラデーションに染色したクロコとカーフのコンビのボストントートを展示しています。



また、同色の長財布もあり、靴と合わせてたご提案になっています。


皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

2020年6月25日木曜日

そごう千葉店 5階紳士靴 「ダーミ」クロコスニーカー オーダー会


6月26日(金)から28日(日)までの3日間、そごう千葉店5階紳士靴売り場にて、クロコスニーカー DAMI(ダーミ)のオーダー会を行ないます。

定番のクロコスニーカーはもとより、6型からお選びいただきお好みの色で特別に1足づつお作りするパターンオーダーもご用意する予定です。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

2020年6月24日水曜日

伊勢丹新宿店 メンズ館 「ダーミ」クロコスニーカー オーダー会 その2


本日(6/24)から伊勢丹新宿店 メンズ館で、クロコスニーカー DAMI(ダーミ)のオーダー会が始まりました。

場所は、地下1階紳士靴ハイエンドコーナー奥のオーダーサロンです。



ハイエンドコーナーの境界壁上段には、定番クロコスニーカー no. 2979が異なる10色で展示されています。



オーダーサロン入り口手前のガラスケース内には、新作クロコスニーカー no. 3687ブラック(左)とno. 3357ブラック(右)が展示されています。

今回、no. 3357ブラックは先行受注を受け賜わっております。

ダーミの新作をいち早く入手ご希望のお客様は、ぜひハイエンドコーナーの係員にお問合せください。


皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

2020年6月21日日曜日

伊勢丹新宿店 メンズ館 「ダーミ」クロコスニーカー オーダー会 その1


6月24日(水)から7月7日(火)までの2週間、伊勢丹新宿店 メンズ館にて、クロコスニーカー DAMI(ダーミ)のオーダー会を開催いたします。

場所は、地下1階紳士靴ハイエンドコーナー内奥のオーダーサロンです。


定番のクロコスニーカーはもちろんのこと、定番にないスリッポンやミドルカットを含むパターンオーダーや、お好みの色に手染めで染色するカラーオーダーもご用意する予定です。



また、今回はクロコスニーカーの新作 no. 3357ブラックの先行受注会を行ないます。

クロコとヤギ革メッシュとのコンビで、ソールを含め全体的にブラックでまとめた、今季期待の新作です。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。



こちらは昨年伊勢丹メンズ館で行われたオーダー会の様子です。


2020年6月15日月曜日

傘をぶつけないでください

ここのところ雨が続いていますが、この話も少し前の雨の日のことでした。

私は始発駅から乗った私鉄電車の空いた席に余裕で座ることができ、下車駅まで鞄から本でも出して読もうかといったところでした。

電車が次の駅に停まり扉が開くと、十代後半かひょっとすると20歳を少し超えたかもくらいのヒョロッとした男の子が乗り込んできて、空いていた私の隣りの席に座りました。


その後何駅か過ぎて車内はほぼ満席になった頃、こちらも20歳前半くらいに見える二人の女の子が同じ車両に乗ってきました。

一人は背が高く、もう一人は少し低めの凸凹コンビで、私ととなりに座った男の子の前に立ち、ペチャクチャと楽しそうに話を始めました。

その背の低い方の女の子は片手でつり革をつかみ、もう一方の手にバッグを持ち、そのバッグを持った方の腕に濡れた傘の柄を引掛けていました。

電車が動き出すと、腕に掛けただけの傘は、車体が揺れるたびにその先端が前後にスウィングし、時々前に座った男の子の膝辺りをポーンポーンとたたき始めたのです。

話に夢中だったせいか、女の子は自分の傘の行方など気にもしていません。

その男の子は、自分のパンツの膝あたりに水滴のシミが少しづつ広がっていくのがとうとう我慢できなくなった様で、その女の子に一言発したのです。


「傘をぶつけないでください」


一見大人しそうで、気が弱そうに見える男の子が、少し頑張ったので、高めの上ずった声になってしまいました。

そういう状況では、私などが想像する女の子のリアクションとしては「あっ、済みません」とか「ゴメンナサイ」です。

しかし、その目の前の女の子は男の子をサッとにらみつけると、片方の口角を上げ、ニヤッと笑ったのです。


彼女は腕に掛けた傘を手に持ち替え、それでその場は終わったかの様に見えました。

ところがしばらくした後、その女の子は傘の先端を前に座った男の子の足と足の間の床にポンと立て、柄の部分は手に持ったまま、隣りの背の高い子の方を向いて、また話を始めたのです。

男の子は自分にあたらなくなったとはいえ、より近づいて来た濡れた傘に、心中穏やかではなかったのではと思いましたが、彼がその後言葉を発することはありませんでした。


なんと根性の座ったと言うか、曲がったと言うべきか、日本人の若い女の子でも(日本人じゃないかも知れませんが)こんなことをするんだと、私は驚きを隠せませんでした。

その女の子をにらむでもなく、しばらくは視線を外せずにいたのですが、こちらには興味がない様で、彼女と目が合うことはありませんでした。


しかし、私がその被害の当事者にならずに良かったと後から思ってしまいました。

位置が少しずれていれば、傘が私の膝にツンツンとあたっていた可能性も十分あった訳ですから。

もし、足の間に濡れた傘なんか立てられていたら、どうしたでしょうか。

そんな暴挙に黙って我慢していられるほど、私は忍耐強い人間ではありません。