2021年10月20日水曜日

阪急メンズ東京 5階紳士靴 その2


本日(10/20)から、有楽町の阪急メンズ東京にて、イタリア製クロコスニーカー〈ダーミ〉のパターンオーダー会が始まりました。


フルクロコダイルのドレス靴〈シキブ〉のカラーオーダー受注会も同時開催しています。


今回のオーダー会は11月2日(火)まで行なれる予定です。



場所は5階紳士靴フロアー。

登りエスカレータを降りて、左手方向に向いた正面のスニーカーワールドで展開中です。



阪急メンズ東京では10周年企画ということで、展示にも力を入れています。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

2021年10月17日日曜日

阪急メンズ東京 5階紳士靴



10月20日(水)から11月2日(火)までの2週間、有楽町の阪急メンズ東京にて、イタリア製クロコスニーカー〈ダーミ〉と、フルクロコダイルのドレス靴〈シキブ〉のオーダー会を開催します。

場所は、5階紳士靴フロアー内スニーカーワールドになります。



ダーミからは定番のクロコスニーカーに加え、スリッポンやミドルカットなど6型の中からお選びいただけるパターンオーダーをご用意します。


シキブは、クロコダイルを使用した国産のドレス靴です。

傷のない適正サイズのワニ革だけを選別し、すべての靴で左右対称の綺麗なワニの斑の配列を再現しています。

ホールカットローファー外ハネの3型に、色は濃淡のあるグラデーションなど10色の中からお客様のお好みの色をお選びいただけます。



阪急メンズ東京は10周年を迎えるにあたり、少し展示にも力を入れるようです。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

2021年10月10日日曜日

専業メーカーのこだわり



上段画像は、ダーミの中でも現在最も定番となっているクロコスニーカーの3型5色です。


一番の特徴は、もちろんワニ革という高級素材を使用しているところですが、新品でありながら履き古した様なヴィンテージ風の外観を持つというのも、もうひとつ大きな特徴です。


そして、特殊な製法によりワニ革が柔らかくなり、足あたりが良く包み込むようにフィットするので、履き心地がとても良いと多くのユーザの皆様にご評価いただいています。


ワニの外観と機能の両面を併せ持った大人のスニーカー。

人と違ったお洒落を楽しみたいとお思いの方、ぜひ一度お試しください。




ワニにはその革の表面に、「斑」という模様があります。



斑には丸や角、そしてそれぞれに大きい小さいがあり、裁断する部位によって異なる形を持つことになります。

専門家が見ると、それがワニのどこの部分にあたるかはすぐ分かってしまいます。



しかし、私どもが靴に使用するワニの斑は、右片足と左片足で必ず対称となるように形を揃えています。



天然のものですから、完璧に同じ形はないので、同じペアー間にさえ小さな違いはありますが、使われる部位は左右対象になっています。



さて、これはどの様に実現されているのかと言えば、


同じ種類で同じサイズの2体のワニ革を並べ、それぞれから対象となる部位を裁断しているのです。



定番のno. 2979に限らず、ダーミのすべてのクロコスニーカーは、その斑の模様を必ず左右対称にしています。

それが、ワニ革の専業メーカーとしてのこだわりなのです。

2021年9月24日金曜日

伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階


9月25日(土)と26日(日)の2日間、伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階にて、イタリア製クロコスニーカー〈ダーミ〉と、フルクロコダイルのドレス靴〈シキブ〉のオーダー会を開催いたします。


ダーミからは定番のクロコスニーカーに加え、スリッポンやミドルカットなど6型の中からお選びいただけるパターンオーダーをご用意します。



シキブは、クロコダイルを使用した国産のドレス靴。

傷のない適正サイズのワニ革だけを選別し、すべての靴で左右対称の綺麗なワニの斑の配列を再現しています。

ホールカットローファー外ハネの3型に、色は濃淡のあるグラデーションなど10色の中からお客様のお好みの色をお選びいただけます。



また、紳士靴のおとなりのバッグ&ラゲッジでは、オーダーバッグ〈シキブ〉の受注会を行ないます。



素材はワニ革、オーストリッチ、高級牛革などからお選びいただき、お好みの色でお作りします。



トート、ブリーフケース、クラッチバッグ等と同様にお財布や革小物もお作りいたします。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。 

2021年9月21日火曜日

月見をしてきました

今夜は月がキレイだからとウチの彼女が言うので、夕食の後に外に出て、月見をしてきました。



19時台には東方向の建物の陰に隠れる高さにあった月が、20時を越える頃には高いところまで上って、顔を出して来ました。

今日の月は周りに雲があることで、より幻想的な雰囲気を出しています。


月見と言うと毎年必ず思い出すのは、私が高校三年生の秋に父が母と弟と一緒に私を家の外に連れ出して、もう来年からはこんなことはないかも知れないからと、家族4人で月見をしたことです。

そして、その言葉の通り、あれから何十年経ちますが、その後に4人がそろって月見をすることはありません。


時の経つのはどうしてこんなにも早く、切ないのでしょうか。

気付くと、月見をしようと声をかけてくれた当時の父の年齢を、私はとっくの昔に追い越していました。

2021年9月14日火曜日

そごう千葉店 5階紳士靴売り場 クロコシューズ DAMI/Shikibu オーダー会



9月18日(土)、19日(日)の二日間、そごう千葉店にて、イタリア製クロコスニーカー〈ダーミ〉と、フルクロコダイルのドレス靴〈シキブ〉のオーダー会が行なわれます。

ダーミからは、定番のクロコスニーカーに加え、スリッポンやミドルカットなど6型の中からお選びいただけるパターンオーダーもご用意いたします。




シキブは、クロコダイルを使用した国産のドレス靴。

傷のない適正サイズのワニ革だけを選別し、すべての靴で左右対称の綺麗なワニの斑の配列を再現しています。

靴の色は、濃淡のあるグラデーションなど10色の中からお客様のお好みの色をお選びいただけます。

ホールカットローファー外ハネの3型でご用意いたします。



場所は、5階紳士靴売り場です。

現状、千葉および房総半島でのダーミの販売機会はあまり多くはありません。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

2021年9月11日土曜日

クロコドレス Shikibu SA808 フレームレッド


ホールカットのクロコドレス靴 Shikibu SA808のフレームレッドです。


今週末から各所で開催される販売先のイベント向け展示に用意した1足です。


フレームレッドという色を簡単に訳すと、「炎の赤」や「情熱の赤」と言うことになります。

イタリアで作るダーミのクロコスニーカーのレッドも、ほとんどがこのフレームレッドです。

本来私としては、ドレスのクロコ靴には血のような真っ赤が良いと思っていたのですが、それは次のチャンスに取っておこうと思います。



片足に30cm台のクロコダイルを使い、斑が一番きれいな中心部を充てた一枚つながりのホールカット。



この靴は、ボロネーゼ式グッドイヤー・ウェルテッド製法で作られています。

ボロネーゼの軽く返りが良いところと、グッドイヤーの耐久性に加え修理のしやすさという双方の弱点を補い、良いとこどりした製法です。



尚、Shikibu SA808は染色前のワニ革クラストで先に靴を成形し、あとから専門職人がお客様のお好みの色に染色するというカラーオーダーでご提供しています。

濃淡のあるグラデーションや2色使いなどでご用命ください。