2017年8月16日水曜日

オルトロマーレのミドルカット


こちらは2017年秋冬の新作クロコスニーカー no. 3658 オルトロマーレ(Oltremare)です。

このスニーカーの特徴は、可能な限りステッチをなくし、革のエッジ部さえもコバ塗り仕上げにした非常にシンプルな作りにあります。

構造をシンプルにした分、より素材を際立たせる商品になっています。




甲部、ベロ部と踵ライン部にワニ革が、サイドの胴部に同色のカーフ(牛革)が使われています。



オルトロマーレと表現していますが、色は濃いめのブルーです。


個人的に今回のこのネーミングには大変満足しています。

ぜひ一度、「オルトロマーレ」と口に出して言ってみてください。

この響きが何とも言えず、耳に残ります。



no. 3658 オルトロマーレは、梅田の阪急メンズ大阪で限定販売となります。

8月23日の阪急メンズ大阪1階紳士靴売り場のリニューアルオープンに合わせ、販売開始となる予定です。

限定数の販売になりますので、ご興味いただいたお客様はお早めにご来店ください。


大阪、またその近辺以外にお住いのお客様、大変申し訳ありません。

2017年8月5日土曜日

手染めの赤いno. 2979


こちらは染色前のワニ革クラストで作製したスニーカーに、赤い染料で手染めしたものです。


これまで何度かご案内していますので、ご存じの方も多いと思いますが、通常の染色はドラムに入れ、洗濯機の様にグルグルかき回して染色します。

そのため、すべての部位がまんべんなく同じ色に染まります。

ドラムでの染色に比べ、手染めの場合は濃淡のあるグラデーションでの色付けが可能になります。

これまで結構な数のワニ革スニーカーを手染めで染色して、お客様にお届けしてきました。

お客様によっては、個性的な染色をご希望されることもありました。



しかし、一番多かったのは、このグレーのスニーカーの様に、甲部先端を濃くし胴部中央に向け少しづつ薄くなり、また中心から踵部に向け濃いくなるという分かりやすいグラデーションでした。



さて、今回受け賜わった染色は、弊社でご用意している標準色の赤です。

甲部先端と踵部が濃いくなるというのは、これまでのグラデーションと変わりません。



但し、この様に正面から見ると、チョットこれまでとは異なる個性的な装いになっています。

どう違うかと言うと、甲部先端からベロ部中央にかけて薄くなり、ベロ部のトップが濃くなっています。

しかし、靴ヒモを通すハトメのハネ部は全体的に濃いのです。



そして、胴の部分も上部と底部が濃く、胴部の中央に向って薄くなっているのです。



一つの発見として、色の濃淡が不規則になると、見た人はそれがどうなっているのかと考える分、そこにより強い印象を受けるの様になるのではないかと思いました。

2017年8月1日火曜日

ワニ革オーダーメイドバッグ〈シキブ〉のご案内

 
ワニ革を使った、世界に一つしかない、お客様だけのオリジナルバッグをオーダーメイドでお作りします。

■素材 : ワニ革、オーストリッチ、牛革など
■デザイン: トートバッグ、ブリーフケース、クラッチバッグ、その他
■価格 : デザイン画を作成後、お見積りいたします。
■お渡し : 約3ヶ月

2017年7月21日金曜日

クロコスニーカー カラーオーダー会 そごう大宮店


7月25日(火)から31日(月)までの一週間、そごう大宮店にてクロコスニーカー DAMI(ダーミ)のカラーオーダー会を開催いたします。
 
場所は、6階紳士靴売り場です。
 
皆様のご来店を、心よりお待ちしております。
 

 
こちらは今年4月に行われたオーダー会の様子です。

2017年7月14日金曜日

クロコスニーカー カラーオーダー会 阪急メンズ大阪


7月19日(水)から25日(火)までの一週間、梅田の阪急メンズ大阪にてクロコスニーカー DAMI(ダーミ)のカラーオーダー会を開催いたします。

場所は、1階紳士靴売り場です。

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。
 

 
こちらは昨年9月に行われたオーダー会の様子です。

2017年7月12日水曜日

no. 2979の定番3色

 
過去3回のブログ記事では、クロコスニーカー no. 2979の定番3色、レッド、ダークグレー、ホワイトそれぞれについてご案内しました。
 
 
実はこの no. 2979、販売開始当初はご覧の様にブラック、ブラウン、ホワイトの3色が定番でした。
 
そして、これら3色に加え、季節限定の特別色を1色持つようにして、通常4色展開で販売していました。
 
ここ数年の間、季節色を含めた数々の選択がありましたが、最終的に定番色は現在のレッド、ダークグレー、ホワイトに落ち着いています。
 
3色それぞれが定番になった理由は、過去3回のブログ記事でご案内の通りです。
 

さて、話は変わりますが、私は個人的に上段のブラック、ブラウン、ホワイトの画像がとても気に入っています。
 
この頃、商品の撮影は専門家にお任せしていましたので、この写真も専門家の手によるものの一つです。

しかし、最近はブログに載せる画像は私自身でも撮るようになり、時を経るに従いほんの少しづつですが、腕も上達してきているのではないかとうぬぼれています。
 
そして、上段のブラック、ブラウン、ホワイトの画像の様なものを、現在の定番色を使って自分でも実現したいと思いつつシャッターを押してみました。
 
それが、下段の画像です。
 
上手くいったでしょうか?
 

2017年7月6日木曜日

この色は外せませんというno. 2979のホワイト


こちらは、弊社クロコスニーカーのラインナップの定番中の定番。

ワニ革という高級素材を使っていますが、スニーカーですので、この色は外せませんというno. 2979のホワイトです。




----------------------------------
白いスニーカーですから、ジーンズやカジュアルなパンツによく合っていて、最初は遠めから見て何の違和感もありませんでした。

しかし、少しづつ近づいてみると、普通のスニーカーとはチョット雰囲気が違うようで、

そして、よくよく見るとワニ革だったのでビックリしました。
----------------------------------

こんな話がこれまでクロコスニーカーをご購入いただいたお客様の日常で発生したりしていると、私どもとしてはとてもうれしいのですが。



さて、このno. 2979は弊社のヴィンテージ系クロコスニーカーの一スタイルです。

製法が特殊で、固いイメージのワニ革がとても柔らかく、履き心地が良いという特徴があります。



そして、機会があるごとにご案内させていただいているのですが、それ以外の特徴として、右左それぞれの靴に使われているワニの斑の形が必ず対象になっているということがあります。



どの様にしてこれを実現しているかと言うと、同種類同サイズの2体のワニ革から左右対称になるように裁断しているからなのです。



ワニ革専業メーカーとしてのこだわりです。