2018年9月26日水曜日

三越銀座店 本館5階紳士靴


本日、9月26日(水)から10月9日(火)までの2週間、三越銀座店にて、クロコスニーカー DAMI(ダーミ)のパターンオーダー会カラーオーダー会が行なわれています。

場所は、本館5階上りエレベータを降りたところから右奥の正面です。



三越銀座店でのオーダー会はおよそ1年ぶりになります。



残念なことに、今週は雨の日が多いようですが、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

2018年9月25日火曜日

約100通りの"クロコスニーカー"がいつでもオーダー可能に!

  
伊勢丹のウェブサイト、イセタンメンズネットのニュース記事で、クロコスニーカー DAMI(ダーミ)がご紹介されています。
 
https://www.imn.jp/post/108057199412
 
ここでの画像は伊勢丹さんが独自に撮影されたものですが、両サイドに定番のクロコスニーカー no. 2979のダークグレーとレッドを配し、真ん中にオーダーでしか受け賜われないサファイアという色を置いています。
 
構図と配色は文句の付けようがない、とても綺麗な絵になっていると思いました。

 

 
この記事は、先日ここでもご案内したLEON 11月号の弊社の広告中にあるQRコードを取り込んで転送される先のサイトにもなっています。
 
 
記事のタイトルに「約100通りの"クロコスニーカー"がいつでもオーダー可能に!」とあります。
 

 
ちょっと大げさに聞こえますが、この理由は現在靴売り場で展開中のパターンオーダーでは、上段リストのように定番スニーカー no. 2979から始まり、スリッポン、ドレススニーカー2型、ミドルカット2型の合計6型をお選びいただけます。
 
そして、伊勢丹メンズ館地下1階の紳士靴売り場のダーミの販売コーナーに、ご注文時にご選択いただける24色の革見本を用意しています。
 
ですので、これらを掛け合わすと6型x24色で、144パターンとなり、100通り以上となるのです。
 
尚、上段リストの価格はパターンオーダー時の価格です。

2018年9月22日土曜日

LEON 11月号 2018年


9月22日発売のLEON 11月号に、ワニ革スニーカー DAMI(ダーミ)の広告が掲載されています。

今回の広告は、伊勢丹新宿店メンズ館 紳士靴売り場内ハイエンドゾーンのリニューアルオープンに合わせたものとなりました。

弊社では初めてページ内にQRコードを付け、それをスキャンすることでイセタンメンズネットに跳び、ネット経由で商品のご紹介ができるようになっています。

ぜひ、覗いてみてください。



一つだけ残念なのは、今回のLEON 11月号が全部で414ページなのに対し、弊社の広告が398ページ目と、これまでのLEON誌に掲載した広告の中で最も後ろの方だったことです。

私のように、雑誌を途中で見るのをやめる様な読者だったら、広告メッセージが伝わらないじゃないかと朝からプンプン丸なのです。

2018年9月21日金曜日

オンリーMI 三越日本橋本店 その2

9月19日(水)から10月2日(火)までの2週間、三越日本橋本店のオンリーMI展として、クロコスニーカー DAMI(ダーミ)のカラーオーダー&パターンオーダー会を開催しております。
 

このダーミのオーダー会に併設して、クロコバッグのオーダーメイドのご案内も行なっています。



今回のオンリーMIでバッグの方の展示として、私どもからはコバルトブルーに染色したカブセ付きのボストントートと、オレンジのクラッチをご用意しています。

どちらのバッグも手染め染色ですので、いい感じに濃淡が効いています。

三越日本橋本店2階バッグ&ラゲッジにお立寄りいただき、クロコスニーカーと合わせて、クロコのバッグもぜひご覧になってください。

2018年9月20日木曜日

伊勢丹 メンズ館紳士靴 ハイエンドゾーン


9月19日に伊勢丹新宿店の紳士靴ハイエンドゾーンがリニューアルオープンしました。

メンズ館地下1階の靴売り場内一番奥で、世界中の高級靴を揃えている区画です。

今回のリニューアルで、ハイエンドゾーンが定番の高級靴が並ぶ売り場と、オーダーを受け賜わるオーダーサロンに分けられました。



そのオーダーサロンの一角にクロコスニーカー DAMI(ダーミ)の展示コーナーが設けられています。

クロコスニーカーの定番販売と共に、これまで主にイベントでご用意してきたパターンオーダーを常にお受けすることができるようになりました。

定番のクロコスニーカー no. 2979やドレススニーカーの内ハネタイプや外ハネタイプをお好みの色でお作りしたり、定番にないスリッポンやミドルカットのご注文を受け賜わります。
 
皆様、ぜひ伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階紳士靴売り場内のハイエンドゾーンへお立ち寄りください。



オーダーサロンを外側からガラス窓越しに見た様子です。

私はここからの眺めが一番良いように思います。

2018年9月19日水曜日

オンリーMI 三越日本橋本店 その1


本日、9月19日(水)から10月2日(火)までの2週間、三越日本橋本店のオンリーMI展として、クロコスニーカー DAMI(ダーミ)のカラーオーダー&パターンオーダー会を開催しております。
 
場所は、本館2階のメンズシューズサロンです。
 

 
皆様のご来店を心よりお待ちしております。
 


2018年9月1日土曜日

阪急メンズ別注のno. 2979 その5



阪急メンズ10周年記念別注のクロコスニーカー DAMI no. 2979 パープルは、次のお取扱い先で現在販売中です。


 
阪急メンズ大阪 1階 紳士靴
大阪市北区角田町7番10号
電話(06)6361-1381


 
阪急メンズ東京 地下1階 紳士靴
東京都千代田区有楽町2丁目5番1号
電話(03)6252-1381

皆様のご来店を心よりお待ちしております。


さて、たまらない暑さも来週あたりから和らぐようで、少しずつジャケットを着用する場面も多くなってくると思います。



常にフォーマルなビジネススーツが必要ではなく、タイも必須でなければ、この様に足元にアクセントを置いたファッションはいかがでしょうか。



白シャツから少しだけ色を付け、薄めのグレーに。



シャツをスニーカーの色に合わせてみる。



ジャケットを換える。
 
 
このスニーカーはちょっとやそっとのファッションに負けることはありません。

スニーカーを起点にして、この様なお楽しみ方もあるのではないかと思います。

2018年8月29日水曜日

阪急メンズ別注のno. 2979 その4

 
 本日(8/29)より梅田の阪急メンズ大阪にて、阪急メンズ10周年別注のクロコスニーカー DAMI no. 2979 パープルの販売が始まりました。


 
場所は、阪急メンズ大阪1階、紳士靴売り場内の革小物側に接したエリアです。

no. 2979パープルは、定番のダーミのクロコスニーカーに混じって、一段高いところに展示されています。

実は、この阪急別注のno. 2979パープルは各サイズ1足づつのご用意しかございません。



ご興味いただいたお客様へはお早めにお求めいただきたく、お願いいたします。

2018年8月28日火曜日

阪急メンズ別注のno. 2979 その3


先週末(8/24)より有楽町の阪急メンズ東京にて、阪急メンズ10周年別注のクロコスニーカー DAMI no. 2979 パープルの販売が始まっています。

場所は、地下1階紳士靴売り場中央の上りエスカレータ前です。



10周年記念阪急別注品のご用意は他メーカーさんからもあり、一堂に並んで展示されていますが、大変有難いことに no. 2979はワントップの位置です。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

2018年8月22日水曜日

阪急メンズ別注のno. 2979 その2


先日もお伝えしました通り、阪急メンズ館が10周年を迎えるにあたり、ダーミから別注品をご用意することになりました。

まず、定番のクロコスニーカー no. 2979のアッパー革の色がこれまでなかったパープルになります。



加えて、定番では白いラバーソールと白い革のシューレースを今回はブラックにして、他との差別化を図っています。



阪急別注品は限定生産ですので、希少価値もあることながら、クロコ部のパープルとソールのブラックとの組合せで、ファッションの幅が少し広がった様に思います。




私はブラックスーツまたは真っ黒なパンツとシャツに合わせ、パープルを足元のワンポイントにするのも良いのではないかと考えています。



シャツをブラックにするとちょっとキツメだとお考えの方には、トップを足元と同色にするのも良いかも知れません。



どうせなら、テッパンのブルージーンにホワイトシャツと言った具合にも。

ただし、これは崩し気味のラフなファッションの歯止めに高級素材のクロコをあしらって、いい大人がやるとカッコいいのです。




阪急別注のクロコスニーカー no. 2979パープルの販売開始は8月29日からとなっています。

あまり数がありませんので、お気に召していただいたお客様はお早めにお求めいただけますようお願い申し上げます。

2018年8月20日月曜日

no. 2979のカラーバリエーション

例年同様、9月に入ると私どもはイベントが増えてきます。
 
百貨店の場合、ホテルのワンフロア―を使って行われる大規模な展示会への参加から、店内催事として売り場の一角に場所を借り、単独で行うオーダー会などが主となります。
 
 
そういったイベントへの参加にあたり、定番のクロコスニーカー no. 2979ではホワイト、ダークグレー、レッド3色ですが、展示スペースを少し派手にしようとサンプルを準備しました。
 

それが、こちらの異なる複数色を使ったカラーサンプルです。

手前から、イエロー、グリーン、ピンク、サファイア、ワイン、オレンジとバリエーションが豊富です。

サンプルと言っても、色を変えて作った正規品ですので、通常のクロコスニーカーと何も変わりません。

展示会の場でこの中の一つが欲しいと言われると、お売りしても構わないのですが、一度派手に行った後の次の展示が寂しくなるのが心配です。



さて、展示会初日の設営が楽しみになってきました。

2018年8月14日火曜日

フルクロコで内ハネドレスのno. 3661

7月29日のブログ記事で、「内ハネドレスのクロコスニーカー」と題して、クロコとカーフ(牛革)とのコンビ DAMI(ダーミ)no. 3661ブラックをご紹介しました。
 
 

こちらはそのno. 3661をフルクロコにし、ダークブラウンでご用意したものです。

同じ裁断で同じ木型、同じアウトソールを使用していますが、雰囲気がだいぶん異なります。



とてもいい感じに上がっており、これまでお見せした数人の方々からは高いご評価をいただいております。



内ハネでフルクロコ版のドレススニーカーは、これまでパターンオーダーとしてしか受け賜わっていませんでした。



2018年秋以降、定番の1型としてご用意したいと考えています。



撮影用のライトの加減で明るめに写っていますが、現物のスニーカーはもう少し濃いブラウンです。

2018年8月12日日曜日

阪急メンズ別注のno. 2979 その1

今年は、弊社のお取引き先の1社である阪急メンズ館さんが10周年をお迎えになるそうです。
 
そこで、ダーミ社からも阪急メンズだけで販売される別注品をご用意することにしました。
 

こちらがその別注品。

まず、ベースは弊社のド定番のクロコスニーカー no. 2979です。



何を持って別注かと言えば、まずアッパーのワニ革がパープルの阪急カラーになっています。



そして、アウトソールがブラックです。

弊社が持つno. 2979の通常在庫ホワイト、ダークグレー、レッド3色のソールはすべてホワイトです。



そして、革の靴ヒモもブラックにしました。

見方によっては、少し締まったようで、いい感じじゃないでしょうか。



この阪急メンズ別注は、梅田のメンズ大阪と有楽町のメンズ東京にて、8月末から販売開始となります。

それぞれで、限定足数での販売です。

ご興味いただいた方はお早めに。