2020年7月9日木曜日

クロコスニーカー no. 2979をエラスティックレースで




以前ここのブログ記事で、 ドレスタイプの外ハネスニーカー no. 3604にエラスティックのシューレースを付けると、靴ヒモをほどかずに脱ぎ履きできるということをお伝えしました。



実は先日更に検証したところ、現在ダーミで一番の定番クロコスニーカー no. 2979にもエラスティックレースを付けると、靴ヒモをほどかず楽に脱ぎ履きができることが分かりました。



ご覧いただいている no. 2979ホワイトはエラスティックレースに取り換えて、撮影したものです。

外観も悪くありません。



手で両サイドを引くと、この様にハネ部が左右に広がります。

実際、靴を履く時には、これくらいの可動域があれば十分過ぎる程です。

そして、重要なポイントの一つとして、エラスティックレースは短めにキツく締めると足が入れづらくなるので、相当余裕を持ったゆるゆる状態にしておくことが必要です。

使用しているレースの弾性はかなり強く、長めにとって結んでも、結構強く足を締め、タイトな状態で履くことができます。



ヒモ靴の形をしたスリッポンといった感じでしょうか。

とても快適です。


-追記-
エラスティックレースは、今後オプションのひとつとしてご用意したいと思っております。

0 件のコメント:

コメントを投稿